ユーティリティ

  • <<
  • 2018年09月
  • >>

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

記事検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

ユーザー

新着エントリー

#177感想
2018/09/14 20:04
#176感想
2018/09/09 17:57
#175感想
2018/07/08 20:41
ムービーコミック感想
2018/07/06 18:14
#174感想
2018/07/01 23:27

Feed

エントリー個別記事

#116感想

  • 2016/07/24 20:25

本気で忙しい最中なので箇条書き。

 

2016年34号 #116 14章3話

前回の概ねドヤ顔から一転して、坂井さん!!
ヴァル様ほんとたまらない素敵。

本当に血縁なのかな!?だとして、私が考えると2時間ドラマ的なのしか想像できないですが、そこを先生がどう料理されるのか楽しみ!

クロックス置いてっちゃうのがまた象徴的な…。辛い。
7巻末でぶん投げられて以来是枝くん(時々256)を包んだブランケットに象徴的な意味を見出そうとするのはちょっとこじつけ過ぎかな?もっと状況が変わったら俯瞰で見れるかもだけど。

猫渋谷を歩いてる!なんか近い!!
それで想像した大臣宅が実は徒歩圏の可能性。

ここまでの坂井さんの是枝くんに対する言動の多くが坂井さんが是枝くんに信頼されてる自信で成り立ってただろうから、坂井さんの動揺でかいよなあ…。

猫のあれは、「欲しい」の逆ベクトルで更に深くぶっ刺ささる言葉よなあ、是枝くんには。

猫が是枝くんぶん殴った部分って全部過去に是枝くん自信が懸念してるとこなのすごい。そしてスーツに関してゴリラくんに肯定されてしまったことによって退路絶たれてんのもすごい。

何らかのかたちで是枝くんが出奔するっていう前提でいろいろ考えちゃってるけど、よく考えたらそんな状態で数ヶ月とかしたら老犬256先輩は………。

ところで坂井さんの未だ明かされてない大事な謎に気付いてしまったんだけど…お前はどこファンなんだ?(野球

ページ移動