ユーティリティ

  • <<
  • 2019年03月
  • >>

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

記事検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

ユーザー

新着エントリー

#195感想
2019/04/14 20:15
#194感想
2019/04/07 19:59
#193感想
2019/03/24 20:49
#192感想
2019/03/17 22:26
#191感想
2019/03/03 20:09

Feed

エントリー一覧

2019年03月の記事は以下のとおりです。

#193感想

  • 2019/03/24 20:49

必ず入荷されるようにずっと毎回同じ最寄りコンビニで買ってた私の紙スピを先に買ってったやつは誰だー!!!!!その後通販で鳥の本を買ったのでついでに買いました。紙は解像度が高くて電書じゃよく見えないとこが見えるのですよ…。
読み返してて、スミスさんはDIAの情報漏洩の濡れ衣のせいで民間に行ったのね…と今更気付いたので全体的に読み直そうと思いました。何ならマンガワンで読むとちょうどいいね!

 

2019年16号 #193 19章11話

どの状態をもって退治したことにするのかなあと思ってたのでヴァルちゃんの言葉にはなるほど…となりました。抽象的だけど。個人的に蘇芳総理には高に刺されてほしいと思っていたのに残念ですw

高の診断書が約40年前ってなってるから50年は間違いかな?血の付いた手紙…どういう状況で殺されてどういう状況で蘇芳総理の手に渡ったんでしょう。高の家族は繋がった中華ヤクザとか(雑)に消させたんだとして、仕事した証拠としてのブツかな?この2人の長年の仮想敵というか復讐の対象は誰または何だったんだろう…。それこそ中華ヤクザ?

知ってる気がしてたけどやっぱり知ってたー!!いや、でもこれは…すごい…関係性濃い…。想像の斜め上を軽く越えていかれました…さすが。自分の運はここまでだった、じゃああいつはどうだろう、見届けてやろう。みたいなこの…うわあ。いろいろ考えて消極的な心中って理解に落ち着いてしまいました。

親心…高が猫のこと竜二って呼んでたのがちょっと気になってたんだけど、なんかそこが繋がった気がしました。猫は高のビザの履歴あたりを調べたんでしょうか?

それはそれとして腰縄つけられてる後ろ姿の高の厚みとても好きです。

まず高自身が環境に忸怩たる思いを抱えてたのかもしれない。家族のために日本での肉体労働に甘んじてる。ただし高校には通ってたことから親が高の可能性を理解して一縷の望みを抱いてたことは伺える。本人は日本の高校生のなかにいて家族を多少の重荷に感じるようになってたかもしれない(10代だし。そこで現れた蘇芳総理(若)はこの環境を脱出する足がかりになる…という期待を抱いたかもしれない。結果ヤクザだけど、それでも自分の能力を有効活用してのし上がっていくことはきっと気持ちがいい。片目と家族を失ってもそっちに向かわずにいられない。などと高について私なりに納得できる流れを考えてまとめてみましたがただの妄想です。

実はハッカーとして未熟なころずっと高に監視されてたかもしれないですね。猫もヴァルちゃんも。もしかしたら適当に関わっていた可能性も無きにしもあらず?いんたーねっつデビューしたてで2ちゃん(仮)でイキった書き込みをした猫を見つけてそっと「半年ROMれ」とレスつける名無し高を想像して微笑ましくなるなどしました。もしそういう関わり方をしてたら情も親心も生まれそうではあります。その流れでコードの共通点とか癖みたいのを是枝くんが気付いたら胸熱だなーとおもいましたが、これもただの妄想です。

ちょいちょい坂井さんが己の欲について自嘲してるのたまらんのですが、欲深さについては蘇芳総理と重なるところがあると自覚してるのだろうなと。それにしても元を正すと坂井さんがこんなことしてるのって是枝くんを引き止めるためだったと記憶しているのですが…。いやその後にいろいろ乗っかってったけども。

あーこの2人の会話すきーーーーー。

更に重大な情報って何だろうと考えていて、なんとなく気になっていた蘇芳総理のお母さんはどうなったんだろう?からの、実母殺しの物証を手に入れるため神崎が再び尾道に…を想像したベタベタサスペンスドラマ脳です。

今回全体的に妄想が捗りすぎて大変なことになりましたが、先生性癖全開で描かれたらいったいどんなんなっちゃうんだろう…て考えてるところに鎖巻き付いた是枝くんが浮かんだので、なるほど縛りもまた重要…とひとりで納得したりなどしました。

#192感想

  • 2019/03/17 22:26

既にGW進行の前倒しが始まっていますが休み自体は関係ないのでぐえええと言うだけの末端労働者です。確定申告だけは自分テンプレ作ってるので今年も問題なく。是枝くんの確定申告が気になる。文章がいつもに増してひどい簡潔バージョン。

 

2019年14号 #192 19章10話

鬼気迫る是枝くんは大好物なんですが、最終章の流れですしどきどきします。

アクティブ担当な気がしてたけどそういえば神崎刑事2課だった!と思ってしまいました。実はそれなりに数字も強い…の?丹羽さんはすごい努力したぽいからそういうのあまり配置には関係ないの?

ヴァルちゃんと比べると荷物多いなおっさん!その数字他になんか出てきたっけ…。ヴァルちゃんがゼウス使ったように猫も使えるのなら、最後の最後で是枝くんのママってカードが切れそうなの怖いなーと思ったんですが、それはそれとしてママの行方はわからなくていいとも思っている派です。いや、おじさんて。

スミスさんつうかアメリカとは単純な敵対構造じゃないのね!まあアメリカが邪魔なのはデウスfeat.蘇芳総理だもんね。

おっさんズに割って入れるヴァル様つよい。

ただのエンジェルとかほんと憎たらしいな!そんでちょっと気を使うあたりがなー坂井さんなーもーーーーー。坂井さんの重すぎない気遣いと、あくまで最低限だけどヴァルちゃんにしては信頼してるかんじとてもよいよなあ。

箱見たときのヴァルちゃんは緊張感が表に出てて、坂井さんはちょっと苦いというか重たい気分になってるこの表情の描きわけとかほんともう…好き。

うわ、出た!!!!!しかしどっから箱詰めされてきたんだ。是枝くんも箱にぶっこまれたけどだいぶ狭そうよなあ。ほぼ拷問よなこれ。武闘派じゃないしPC与えなければ危険じゃない(多分)のに箱に詰められるの可哀想w 関係ないけどいい腕の血管…。

でもこの登場の仕方は猫とはつながってないかんじ?とちょっと思ったけど、逆にヴァルちゃんは知らないけど猫とは繋がってるって線はありえるのか…というか私的にはその路線がいろんな意味でパーフェクトなんだけど。

ただ一人の友とかアオリが安定の煽りレベルの高さです。

#191感想

  • 2019/03/03 20:09

怒涛の忙しい2月末が終わっていつの間にか3月が始まっていてびっくりです。
最寄りのコンビニで売り切れてた紙スピを出掛けにみつけて、そのまま北海道に持っていって一度も開かず持って返ってきた旅(ていっても一応お仕事です)をしました。「ほら、あれが時計台だよ是枝くん!」とかはさすがにやってません。シュライヒのバーニーズとおさるのジョージをセットで連れて行くのもありだったかもしれ………ううん。

 

2019年13号 #191 19章9話

扉かっこいい!スーツ組に異質な子が混じってる感とても好きです。

病院の事件はさくっと前哨戦なんですね。解決早い!ああ…是枝くんハイタッチできるようになったところに成長が…。

ヤバヤバ作戦w 窪塚さん周りが能力もアクもすごすぎてあんまり目立ってないけど立派に優秀なひとなんですよね。和みキャラなとこ好きです。真鍋さん、手を出してないってあたりが…警察に戻ったりはしないのかな。まあ簡単に戻れるようなもんじゃないですよね…。仲間は受け入れてくれてるし、家族だってやり直せそうだし、お仕事もどうにかなることを祈ります。是枝くんも立派に仲間だし!!

ところでこの事件での神崎刑事の功績はスマホ乗っ取られてたところ?

今のとこプラスイメージが強そうなデウスの「驚異がある場合という条件付き」て…そんな雑なwでも「市民の声」はどれもわかる気がしてしまうのが怖いです。今の日本、犯罪に巻き込まれるくらいなら、多少プライバシー見られてても…だって別にやましいことしてないし!て考える普通の人は、圧倒的に多い気がします(自分も含めて。いや、オタクなので違う方向の覚悟は常にありますが…)。そもそも冤罪が自分に降りかかるなんて思ってないですよね。未然に防いだら…もちろんケースバイケースだろうけど、どうなっちゃうんでしょう?現行法だと追いつかなそうです。

前のめり気味にチキン食べる神崎刑事慣れてますね!普通に食べると服が汚れる!そして坂井さんのけぞりすぎw みんなのちょっとずつ違う表情すごく好きです。いじられてる丹羽さんとか。このみんなで笑ってしまうかんじ、打ち合わせであったのかなと思ってしまいましたw あと坂井さんセクハラですっきりしないでください。

ここまで事件に対して受け身だった姿勢が変化しそうで、展開がすごく楽しみです!!というかこのほぼ公務員で構成されてるチームで総理討ちに行ったら、普通に内乱なのではw

ページ移動
  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1