ユーティリティ

  • <<
  • 2016年10月
  • >>

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

記事検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

ユーザー

新着エントリー

#155感想
2017/11/19 20:35
#154感想
2017/11/12 20:13
#153感想
2017/10/29 20:30
#152感想
2017/10/22 22:58
#151感想
2017/09/10 21:02

Feed

エントリー一覧

2016年10月の記事は以下のとおりです。

11巻発売!と#124感想

  • 2016/10/30 23:48

発売日にどうしても行きたくて渋谷行ったらそのツケが…。
ペーパー付きの11巻買いつつ表紙の場所撮影したり、8巻で坂井さんが食べてるのここのカツ丼?(持ち帰れないけど)と思った店に行ったりしました。正解かどうかはわからないけどちゃんとザクッと音がしました。
カバー下がリスト入れっぱなし数とかも含めて見事に全員の個性が出ててすごい面白かったんですが、坂井さんの他の3件が気になるラインナップで辛いです。どうしよう亜鉛とかマカとかだったら。というか坂井ビルからハンズもドンキもめっちゃ近いんじゃないですかね!?ついポチっちゃう気持ちはわかりますけどね…。
ペーパーと本編のギャップが辛い神崎刑事とか、ああ…ここで終わるんだ…(コミックス派のひと辛そう!)と思ったりしました。
あと256もふもふとかハロウィンとか、ファンはテンション上がりっぱなしの1週間でした!

 

2016年48号 #124 14章11話

ここ数回もぞもぞと気になってた部分を素直に横に置いておける気持ちになりました。猫が知ってる猫に戻った…というかそういう部分が垣間見えたからかな。それとやっぱり今回は坂井さんいたほうがいいんですね。
このあたりの猫のセリフでこの件より更に先があるように見えたのも、自分的にはよいニュースでした。いつか最もいい形での終了を迎えてほしいけど、それが遠い先の話ならいいなって望んでしまうファンの欲w

アメリカ政府に侵入して猫は何をしようというんでしょう。アノニマス的なことしか思いつかないんですが。アメリカさんはドローン事件で顔見せ済みですしね。

タトゥーは、とっくにどっかに入れてるんじゃ…みたいな話をされてる方がいたのでさすがに場所以外のとこでは驚かなかったんですが、いれるの痛そう…そして局部とかじゃなくてよかった。
唇触ったのって垂れたよだれ拭いたっていう流れにはなってるんだなあ…すごいなあ。
そして大臣の話に激しい嫌悪を見せたヴァルちゃんとはだいぶ温度差がある気がしました。

 

坂井さんはざっくり歳食ってるぶん他人と深く関わること=良い方向にも悪い方向にも巻き込むのを避けられないてことを理解してるけど、是枝くんはまだそこまで至ってなくて、負の方向には巻き込みたくないて思っちゃうんですね。船に乗るの認識も実はだいぶ違うんだろうなあ。

意味不明って是枝くんの語彙のなさゆえの表現だとは思うんですけど、親のことをネガティブに取れる言い方したのは初めてかな。生活が安定したり世間と触れたことによって、是枝くんがちゃんと過去に向き合いはじめたということかもしれません。

猫とヴァルちゃんが是枝くんを欲しがる経緯と同様に、坂井さんが是枝くんを切り捨てられずに自ら巻き込まれる選択したという部分も、3巻の過去から7巻の流れ、そして「分身」てキーワードで徐々に動機付けされていて、その瞬間の流れで読み取れるものと俯瞰で考えた時に見えるものの意味合いが違ってたりするのもこの作品の面白さだよな、とあらためて思いました。
猫ごと近くに置いたほうが監視し易いというのもあるんでしょうね。できるだけ犯罪じゃない手段に導こうとしてウザがられる坂井さんしか想像できないんですがw
とはいえバットぶん回してるあたり、坂井さんも相当複雑な心境なんでしょうけど、守りじゃなく攻めで考えることに切り替えたんですね。

猫がビルに来たとこの坂井さんの服見覚えあるなと思ったら是枝くんが最初に来た日の服!是枝くんも!それにしても結構な被害を食らったヘッジホッグはかなり腹立たしいでしょうね。
扉開いたから釈放されるのかな、ヴァルちゃん。全員ビルに揃ったらすごい絵面に…。

ところで現在空き部屋のなさそうな坂井ビルですが猫はいったいどこへ…。
部屋問題解決法
1・露天風呂のさらに上階、屋上にテント
2・大浴場の横の空間にテント
3・公園階にテント
とか考えましたが、まあ普通に考えて和室提供してこたつが撤去になってヘッジホッグに更に恨まれるやつでしょうか。
どうしよう次回全員分の朝ごはんを作る猫からはじまったら…。

あと結局プリンは誰が?

#123感想

  • 2016/10/23 23:32

やっとみちみちだった仕事から解放されました!1日半の休みだけどw のでぼちぼち6巻の感想はじめようと思います。
256先輩にはまんまと騙されましたねw やっと表紙登場の11巻楽しみですー!!
先日バーニーズマウンテンドッグを撫でに行きましたがもふもふでとてもとても可愛かったです。30キロの女の子だったけど256先輩はもう少し大きそう。

 

2016年46号 #123 14章10話

まずは、前回以上のエグい過去が追加されなくて良かったです!

ボーイミーツガールとてもかわいい…かわいいんだけど、笑い猫ってこんなやつだったっけ!?てのがわりと素直な感想です。

前回の取材に対しての姿に続いて真夏の葬儀に詰め襟で現れるのはいい子を演じてる感があるんですが、ヴァルちゃんに対してかなり作為的に「よし乗ってきた!」て思ってる風にも見えなくもないし、どうも真意が読めないんですよね。人を騙すのが得意って言ってるし。

坂井さんより信用できる!からのこの流れなので、是枝くん何か信じちゃいそうなんだけど、でも同等なレベルで同属性の是枝くんを勇者にする意味はあんまりなさそうな気がして。目的が笑い猫がここで話してる復讐のみだと、必要なのは是枝くんじゃなくて坂井さんの人脈他諸々のほうなんじゃないかと思うんだけど、少なくともヴァルちゃんに言わすと坂井さんはどうでもいいんですよね。笑い猫はそこは評価してるように見えますが。そしてそのへんにも、ヴァルちゃんより一段上から笑い猫が見下ろしてる感があるというか…。

是枝くんの必要性として、このふたりの犯罪を全部おっかぶせる生贄の羊にするだけのスキルはあると思うんですが、その方向で考えるのもいまいちしっくりこず。ただ、あのふたりが是枝くん欲しいってなる経緯は要所要所で描かれてきてるから、そこは素直に受け取ればいいんですよね。

ただ、信じたとしても、是枝くんが今更犯罪に手を貸すのを選ぶとも思えなかったり。

このそれなりに筋も通っていてここだけ切り取ったらとても理解できる「おとぎ話」にずっと付きまとってる蘇芳竜二くんという違和感は、私の思いすごしなのか何なのか。嘘はついてない、ただ真意を言わなかっただけ。みたいなことになるんじゃないかと思っています。根拠はないですが。

あともう箇条書きで。チャット混じってて気付かれないの!?とか、ヴァルちゃんを逮捕したくだりそれでいいんだっけ?とか、高は本当に盲目的に従ってるだけなの!?とか気になるところが色々と。

中2週間、前の号から考えると3週間もそのあたりで悶々と考えてしまうなんて、ものすごい楽しんでるな私…。

ところであらためて、坂井さんはヴァルちゃんに大臣と似たような人種て思われてるんですねw なるほどあの拒絶。

そしてアメリカ大統領はまあ比喩とは思うんですが、ふと思いついたのがトルーマンでした。それはさすがに物騒すぎる!

ちょこちょこと違ってたら結構失礼なこと言ってる気がしてきましたが…率直な感想ということでご容赦ください。

鼻つん可愛いです…。

#122感想

  • 2016/10/07 21:06

頭ぱーんてなるくらい忙しいのですが、どうせなら単価も………。
月曜発売の次が土曜発売だと早いです!嬉しいけど心の準備が!!
そういえば、つまりは11巻の表紙にも256先輩はいないんですねw

追記:慢性寝不足で疲労ピークの時間にまとめたせいか、自分でもどうしてそうなった…感が。

 

2016年45号 #122 14章9話

あああ…未遂じゃないんですね。そしてお母さんやっぱり…。亡くなるまでの1ヶ月壊れたお母さんと過ごしたヴァルちゃんの心情は想像に余りあるのですが、ヴァルちゃんもまた違う意味で壊れてるんですね…。

前回ヴァルちゃんの破滅願望も遺伝(というか思想傾向?)だったりして…などと妄想しましたが、大臣が自分を殺す化物を育てたかったって行動原理もあり得なくもないのかな…と思ったりしました。所謂犯罪にいちいち理由を求めてしまうのもちょっと違う気もするんですが、あの下衆さを何故か理解したくなってしまうんですよね…。理解したところで共感できるわけじゃありませんけど。できませんけど。

竜二くんは高学年で部活始めたとか縦に伸びたから自然に痩せたとかなんでしょうか?そして竜二くん、それなりに冷めた目で世間をみてたしきっと政治家なんてろくなもんじゃないしくだらないけどいい子ちゃんの皮かぶってたほうがお得って思ってたらお父さん想像異常に真っ黒でびっくり、ていう解釈でいいんでしょうか。怯える姿からは今ほどの壊れっぷりはまだ感じられません。でもドラマとかで見るサイコパスに転じるきっかけっていう捉え方もできるんだなあ。
2巻に出てきたぽっちゃり竜二くんの斜に構えた印象が強かったので少し違和感を覚えたんですが、この作品における違和感のある場面ってだいたい伏線で後に回収される印象があるので、そのあたりも後に回収される気がしますがどうなんでしょう。

それか逆に、語る内容に嘘が含まれていると考えると納得はいきます。自分についてのあたりは全部猫の嘘ということで、後にぽちゃ猫で同じシーンが描かれたりしたら…と想像したらものすごい面白かったんですが、さすがにそれはないだろうなw

そこが最大の目標じゃないかもしれないけど、ヴァルちゃんと猫が大臣失脚を狙ってるんだとしたら、どうせやるなら総理大臣一歩手前とかまで押し上げてからにするだろうな…と思いました。けど失脚で済むでしょうか?
最終的に父親とヴァルちゃんどっちが倒れてもよかったんだー面白いから!てなるサイコパス遺伝猫が来てしまったらどうしようとか思ってしまったんですが、いや…まさか。

こうなると個人的に大臣そのうち高に刺されて終わるんじゃないかというところまで妄想がぶっ飛んでしまいます。
というかヴァルちゃんの過去として想定してたのこのへんまでなんですが、更にもう1週ぶんくらいあれやこれや盛られるんでしょうか…辛い。

是枝くんのうなじが唯一の癒やしでした回。後頭部もかわいいです!

ところで最近繋がっているみなさんで大臣を「まさちかくん」呼びするのが定着してしまっているのが面白いですw

ページ移動
  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1