ユーティリティ

  • <<
  • 2019年07月
  • >>

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

記事検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

ユーザー

新着エントリー

#205感想
2019/08/04 20:37
#204感想
2019/07/28 20:21
#203感想
2019/07/12 19:02
#202感想
2019/07/07 18:37
#201感想
2019/06/23 20:07

Feed

エントリー一覧

2019年07月の記事は以下のとおりです。

#204感想

  • 2019/07/28 20:21

カウントダウン辛い…でも最高面白い…。

 

2019年33号 #204 19章22話

職務をがんばってらっしゃる警備の人がんばらなくていいのよ…!!ていうわけにもいかず。モブによってたかって…の神崎はサービスすぎるのですがw 倒れる前の顔が気になりすぎて!銃口になんか詰めて暴発路線はさすがにやらないのでは…と思うので(あとそれくらいじゃ暴発しないってのをどっかで見たような)この流れでできそうなの、弾倉空にするくらいでしょうか?それはそれとして誰か仮にでも打たれるってことになってしまう?そして初登場シーンがあれだった神崎が銃ネタで締めるかんじとてもいいです…。駆けつけるのは2課だから丹羽さんいないかもな…とおもいつつ、肩貸してもらって身長あわなくて大変なことになる様子は見てみたいです。

魔法の杖のツールと言われると選択範囲取る方のマジックワンド思い出しちゃう組ですが関係ない。こういうとこでもびくっとしてる是枝くんはどこにいても是枝くんですね。髪の毛おりてるのでわんこ感がとても…かわいい…。そして猫も猫だなあ。

なるほどね、のふたりのアイコンタクトめっちゃ気になります!ここでわるいねこでがんばる私さんが、猫ヴァルのアイコンタクトが最後の最後で蘇芳総理の野望を掻っ攫おうという雰囲気ではないか?などと申しており。

坂井さんはだいぶピンチな状況なのにやっぱり余裕ありげで、蘇芳総理と本当に運勝負してる気がしてきます。なんかしおらしくガードされてる蘇芳総理はこういう時までさすが…。そして走る40代。チャリはこのための伏線!!(違う

インターネットなんかなかった時代もリアルに記憶にありますが、今なくなったら本当に本当に困りますね。実はデジタルネイティブの猫ヴァル是枝くんと坂井さんのイメージはちょっと違うのかな…と思いつつも、まあ困ることに変わりない。監視社会もなんかちょいと海越えたあたりにある国を想像するとすごく怖い。

しかし具体的に誰が脆弱性に気付いたのかとかそこはもういいのか…

CPU自体の致命的欠陥て、リアルだとイ●テルのチップに脆弱性が見つかったとかそういうイメージでしょうか。ニュースでは見かけたのは覚えてるんですがいまいちどうなったのかわかってないですが。攻めて守る!ああ…是枝くんと坂井さんがこういう顔するのほんとたまらない…。

いやでももしかして猫ヴァルはデータセンタークラッシュされると困るのでは…?

以下恒例の妄想ですが、やっぱり猫には父親の屍を超えてほしいのです…親譲りの部分に+αしてほしい。ある意味欲に踊らされてる蘇芳正哉と違って己で踏み込むところを選択しててほしい。結局坂井さんっていう財力も人脈も持ってるひとが猫ヴァルの目的のために動いちゃってる。父親みたいに大上段に構えて動かすんじゃなく、するっと内側に潜り込んで自発的に動くように仕向けてる…んだとしたら、それとても怖い。なんかそういうわるいねこがいい…などというすげえハードル高い期待をしていたりします。

そして先日の某さんの「デウス・エクス・マキナって…」て発言を受けて、やっぱり更なるどんでん返しがあるのでは…とそわそわしています。

ジョン・スミスさん(偽名よな!)が影の黒幕()だったらいろんなピース(引用とかブーツとかあれこれ)が上手いこと組み上がるのになあ!などと思ったりしたのでした。

あとどうでもいいとこだけど、わるいねこに金髪で終わって欲しい…!!もう黒くしたとこ生え替わって地毛の黒だろうから色も抜けるよね!(そういう問題じゃない。

とか何とか好き勝手思ってますが、最終的に面白ければなんでもいいです。

#203感想

  • 2019/07/12 19:02

続きが読みたい!!と読んだら残り回数が減っちゃう!!!の狭間でもだもだしています…。そして土曜スピだと早い!

 

2019年32号 #203 19章21話

集中すると口がちょっと開く是枝くんかっこいいかわいい…。

色々横道にそれたことを思いつつも、猫が緊迫感ある顔してるといつもに増して緊迫感が。憎たらしい…と思いつつも楽しそうな顔めっちゃいい顔です。ワンアクションなのにすごい勢いを感じる是枝くんからの、白っぽい+ランダムで目線が迷うかんじに割られたコマという画面処理がまた…読者の時間を操作してくる演出で…すき。からの更にコマ送りな見せ方。ダメ押しで見開き中央に抜けた画面とか…ああもうたまらなすぎる…。

ヴァルちゃんの感じがなんか…新鮮。

そして蘇芳総理まだまだ余裕な顔ですが実際どうなのか。そうそう顔には出さない人よなあ…とは思うんですが。坂井さんの冷静さは、まさに信じてたからなのだろうなあ。坂井さんの強さはそういうとこですよね。

ここでオーバーヒートしてしまう是枝くん!苦手なお水ぶっかけられて大丈夫か…と思ったものの、風呂とかプールとかの量じゃないからましなのでしょうか。不快は不快だろうけども。

武器庫の武器を物理的にどうこうじゃないだろうけど、蘇芳総理が成し遂げるってデウス絡みのことですよね。

坂井さんがピースメーカーにしようて言ったところを、是枝くんが違うことするのかなデウスに…まで思ったものの、いやこれ、まんまのことをガラスぶっ壊したあたりで言ってましたね。ひとりで1周して元のところに戻ってきたのか私…。ごく限られた人間しか使えない現状のデウスを広く使えるように…ならばアクセス権限を…いやそれじゃミラージュと同じ…でも是枝くんは現場の捜査官云々…などとぐるぐる考えてましたが、私にわかるわけもなく!下手の考え休むに似たりとはこのことだ…。

衣笠管理官、こちらも強い…。部下を信じられるあたりが坂井さんと同じなんですよね。そして使えるものは何でも使う強さ。

途中で神崎がいる場所でんんん?(確認するのに逆にめくったら混乱した)てなりましたが、警備室と行ったり来たりしてるんだな、なるほど…と思いなおし。警備室の人ら、他の状況はわからず、神崎が丹羽さんに説明したことは聞いてても、まあにわかには信じられないですよね…総理のことだし。ていうかここで怖いラストに…!!ここまできて殺るのでも殺られるのでも人死にはないと思いたいんですが!!!銃声で実は外まで来てた公安が踏み込んでくるとかそういうやつ…だといいんですが。

この全く予想通りにならない展開にも、さすがにもう先が見えるのでは…と思っていましたがそんなことはなかったです…。

ここにきて猫のことを考えることが増えてしまい、すっかり「ぼくのかんがえたさいきょうのわるいねこ」状態になっているので、私も落ち着きなされ。

#202感想

  • 2019/07/07 18:37

18巻発売おめでとうございます!!!ペーパーも無事頂いたし働く犬スタンプも買って友達にも宣伝した(かわいい!といって買ってくれたり!)しで盛りだくさんな発売日でした。スタンプほんとかわいい…。
カバー下は丹羽さんが意外だったけど、坂井さん…何故。もしや酢飯が苦手な人なのだろうか…。私は貝と炙りえんがわが好きです(どうでもよい。
あとできればこの部分は解決されて欲しい…という話をするなど。
あ、6巻末まで感想更新しました。意外と仕事に手こずったり体調崩したりして進まんかった。

 

2019年30号 #202 19章20話

丹羽さん!勝手にもう最後の最後くらいまで出てこないかな?て思ってたのでお会いできて嬉しい!神崎のなんか大変なことしてるみたいだけどよくわからん感も、らしくていいw こういう感じで時々現状のまとめ解説入れてくれるの、素人読者としてはほんとにわかりやすくてありがたいです。

猫見つけるの早いよ!て一瞬おもったんですが、ずっと(というか前回から)探してたんだから、そこはまあ。

私が見つけたのではないですが「( ^ω^ )」に笑ってしまいました。コメントにしてあるけど、これは技術のかたの遊びをあえて拾っちゃったやつなのかなー?と最初ネタ的に受け止めたんですが、ウィルスを作った人間の性格をちら見させてるって考えたほうがよさそうですね。

PC交換流れ的に熱いけど、キー変わるとやり辛いだろうなあ!細々したストレスたまりそう。これ後々の流れに関係してきたりするんでしょうか?

この状況において窪塚さんだけが読者目線の一般人ですね。神崎も丹羽さんも「やれることをすべてやり尽くさないなんてバカだ!」の影響下にあるからこそ限界まで諦めないんだなって思うと…たまりません。

神崎!さすが養ってきた刑事の目!!神崎が一番冷静になれるのでは…と思ってたのにそういえば狂犬だったー!てなった前回からの、今回の冷静な目がとてもよいです。そして是枝くんのはっとした顔の次のヴァルちゃんの表情の意味が気になります。坂井さんが言ってた(12巻)「早く一緒に闘いたくて仕方ない」「強い奴の技術に焦がれるのはハッカーの性」あたりが極まった展開…と思うと、今まさにそういう状況なのだろうな…と。ただ悪い猫路線で最後まで貫こうと決めた私もまだ諦めてませんが!猫ヴァルで怪物仕上げちゃいましたーな可能性だってまだある!!あ、でもヴァルちゃんはどういう立場なんだろう…とそのへんちょっとぶれぶれで、18巻を読み直したら悪い猫だとしてもヴァルちゃんは関わってなそうだなあ…と思い直したりもしました。つまりわからん!私も今最高に楽しんでる!!

坂井さんその人肯定しちゃって大丈夫か…と思うものの、実際何かを超えるのってそういう時ではあるんですよね。火事場の馬鹿力。ただここから「けれど」とか「しかし」とかなんか反対の言葉繋げそうな雰囲気があるけどどうでしょう…。今回唯一の坂井さん(後ろ姿除く)なんかとてもいい顔。

あと5話…5話…心して読みます。

以下勝手な妄想に妄想を乗っけた覚書きみたいなやつですが。悪い猫については単純な悪人であってほしいのではなく、9割本気で状況に乗っかっていて1割俯瞰で見て楽しんでる的な感じなのではないか(表現難しいな…14巻の泣きの芝居の話につながるかんじの…)と思っています。猫は、何でも持ってるから何にもいらない人なのではないかなあ、とも。
それから、だいぶ仲間感を持った感じの是枝くんと違って、坂井さんの認識はまだ「敵」であってあくまで共闘状態なのではと思っています。ただし「敵」であっても理不尽な被害にあっている部分は救済されるべき、とか。あとやっぱり拉致に乗っかったことに坂井さんらしい勝算というか付加価値みたいなものがあるといいな!
何をもって世界征服とするのか問題は、ああだからあの時ピースメーカにしちゃおうぜ!て言ったのかな?てところで勝手に納得したりしました。そして個人的に今は、新しい航海に出るエンドを希望しています。

ページ移動
  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1