ユーティリティ

  • <<
  • 2017年02月
  • >>

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

記事検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

ユーザー

新着エントリー

#177感想
2018/09/14 20:04
#176感想
2018/09/09 17:57
#175感想
2018/07/08 20:41
ムービーコミック感想
2018/07/06 18:14
#174感想
2018/07/01 23:27

Feed

エントリー一覧

2017年02月26日の記事は以下のとおりです。

#134感想

  • 2017/02/26 20:23

是枝くん21日お誕生日おめでとうございます!リアルタイムだと22歳?……健やかに20歳超えてください!!

 

2017年12号 #134 15章10話

さすがに猫でもこういうときはニヤニヤしてないんだなあ。素の顔っぽくていいですね!

ヴァルちゃん!!違う方向で是枝くんが落ちちゃう!!!
7巻で猫が見せた同調と違う切り口で同じレベルで同調してみせるのって相当是枝くんをぐらつかせるでしょうね。今までで一番是枝くんを持ってかれる感じがして怖いです。ママと同じようにほっぺた触られてるし。ママの件を思い出したばかりだし。手が冷たいのは是枝くんの熱暴走にも関係ある?女性口説いてる場合じゃないよ是枝くんがソーシャルハックされてるよ飼い主!!そしてこの状態で坂井さんはまだ熱暴走の件を知らない状態なのって面白いです。

とは言えだんだんと説明が上手くなっていっている是枝くん。比喩表現も使えるようになってるんですね。そこは坂井さんをはじめ、多くの周囲の人との関わりで培っていった部分なわけで。あちらを選ぶとそれらは選べない。2人が狙った流れではないと思うんですが、結果としてこの難題を超える楽しさも、思考をクリアにしてくれるヴァルちゃんの存在も、是枝くんの今後の選択に大きく影響を与えることになるのでしょうか。僕達3人て言っちゃってるし。

ヴァルちゃんと猫と「楽しむ」選択をする是枝くんも見たいっちゃみたいんですが、そっち行っちゃうと坂井さん出番がw あ、7巻とは違うかたちのメンタルでの奪還展開とかは見たい気もします。

それにしてもこの巧みさ、ヴァルちゃんにも父親の血を感じてしまいますw

是枝くんには懐かしの電○グルーヴ「Shangri-La」を贈りたいです。洗濯係でよかったね!(下世話

坂井さんはあくまで外部との接点で、純粋な同レベルの仲間を求めるならこの2人なのだなあ…と思い知った回でした。こわいよー!!

ページ移動
  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1